アンドロイドスマホのカメラよりiphoneのカメラのほうがいいらしい。

元Google役員がFacebookで、iPhoneのカメラを称賛したとちょっと話題に。
でも理由を見てみるとなるほどとうなずける。
搭載カメラのハード自体が問題ではなくアンドロイドのソフトに問題あり。

かつてGoogleで役員を務めていた人物が、
Androidスマートフォンに搭載されているカメラは
プラットフォームの制約上、カメラの性能に制限があり、
ライバルであるiPhoneのカメラ性能に
数年レベルで追いついていないと発言しました。

元役員というのは2014年までグーグルで
ソーシャル部門の副社長を務めていたヴィック・ガンドトラ氏。

簡単に言うとどんなに優れたカメラを搭載しても
OSであるアンドロイドがその機能に対応していないのでどうにもならないとのこと。
その意味でiphoneのiosはやはり数年進んでいるとのこと。

そして、ガンドトラ氏はレストランでiPhone7のポートレートモードを絶賛している。
最後に「素晴らしい写真を撮りたいと思ったら、iPhone。数年遅れでもいいと思ったら、Androidを買えば良い」と言っているそうです。

まあ、そのあとにそれを使いこなせるかどうかというのがエンドユーザーになりますね。
関係のない人には全く関係のない話ですが、
しかし、使わない機能や性能でもいいものが欲しいというのが人情ですよね。
まだしばらくはiphone主導のスマホ市場が展開されそうです。

詳しい記事はこちら→livedoor news”元Google役員が「iPhoneの方が写真撮影に向いているよ」と明快に爆弾発言、その真相は?”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする